ScamCoiner’s blog

詐欺コイン、詐欺商法滅すべし!

しょうがないから調べてやったさ。Quanta、QNTR、QNTU

どうもScamCoinerです。

 

Quantaのにわか勢として、にわか勢が適当なこと言ってるのが気になってきたので、歴史を紐解いてみました。

Quantaの歴史は古いです。BTCなんて目じゃないね!!!

1501年9月24日    ジェロラモ・カルダーノ 生誕

1576年9月21日    ジェロラモ・カルダーノ 退場

2015年某日       森川むーと氏参上

2016年1~12月       第一次代理店戦争

           ScamCoinerこと私、8月末に引っかかる。

2016年9~11月    altaappsをBTC、ETH、ADA、QuantaWalletとして開発。

2016年12月      上場12月予定が4月に後ろ倒しされる。

2017年1月      森川むーと氏、惜しまれつつもカルダノを去る。

2017年4月      3月末に大きな発表と言いながら4月頭まで何も発表なし、

           しれっと6月に上場日程をずらす。

2017年5月くらい   ニコニコ動画に森川むーと氏参上、

           コメントブロックにより再登場は未だなし。

2017年6月      上場日を2018年初頭までずらす発表を実施。

2017年9月      QuantaWallet ver1,0公開 QNTトークン配布と言いながら、

           Etherscan上で確認できず。

2017年12月      ADA上場PUMP ADA被害者勢、手のひら返し。

           ガチ死ねばいい。

2018年1月       QuantaWallet ver1,2公開なぜか、アップデート後に

           QNT受信トランザクションが、ver1.0は何だったの。

           また、このタイミングで、QNTをQNTRとし、

           配当機能を削ったQNTUをエアドロップ方向に移行

           wallet上はQNTが配布なり。

2018年3月      ホワイトペーパー修正、QNTR、QNTUの下りを追加。

           また同月、QNTUトークンをQuantawallet ver1.3にて反映。

           このあたりから、QNTUトークンセールをしていた模様。

2018年4月      QNTRは法的に上場不可能な状態に追い込まれ、

           QNTUを無理やり上場予定を組む(lykkeとBit-z)

2018年5月      QNTUが上場。(上場PUMP後絶賛大暴落中。)

 

だいたいこんなもんです。

 

そもそもQNTUとかRって?

Quantaのプロダクトは、中抜きの非常に少ない宝くじを目指しています。

今後一生宝くじプラットフォームを運営していき、宝くじの総売り上げの5%をETH建てで、QNTR保持者に配当。

販売代理店がQNTUを売り、10%の中抜きを実施します。

残りの85%(送金手数料含む)を宝くじの配当として使う画期的なプロジェクトです。

そのシステムはマン島が認めているとのことらしいです。

 

で、何が怖いって、これ、ICO終わったら終わりかっていうとそうじゃなくて、宝くじを売りつける輩が世界に羽ばたいていくというロードマップです。

 

僕は何でこんなもんにかかわったのか、

過去に戻って殴りたい所存です。